月別アーカイブ: 2015年9月

モノクロ映像をしようしている

ボーカロイドの初音ミクの楽曲である千本桜は、一昔前の日本をイメージしたような和風テイストの曲で、初音ミクの楽曲の中でも特に人気になりました。

しかも色々なアーティストたちがコラボしてきました。

私がその中でも特に好きなのが本家の初音ミクと同じボーカロイドの鏡音リンと鏡音レンの共同作、それから暗殺教室のキャラクターである自律思考固定砲台こと律が歌ったバージョンです。

本家の初音ミクは、曲がもともと初音ミクの物ですから非常によくマッチしています。

ミクちゃんの可愛らしい歌声と、和風テイストの曲調が混じりあって独特なハーモニーを奏でていました。

また、古めかしいPV(らしきもの)も弱冠赤みのかかったモノクロ映像をしようしていて、味があってよかったです。

リンとレンがふたりで歌ったバージョンは、本家の千本桜よりもより和風テイストにアレンジされていました。

「和楽 千本櫻」というタイトルで動画があげられていました。

曲もよりゆっくりで歌詞も昔の言葉が使用されていました。

演歌などにも対応しているリンとレンの声にぴったりのアレンジでした。

律は暗殺教室のDVDに入っている「カバ担」という色々な曲をキャラクターたちがカバーしたものが収録されている中のひとつでした。

律の声優さんは「藤田咲さん」で実は初音ミクの声優と同じ人なんです。

ですから必然的に声を替えたミクが歌っているようなものです。

私はこのような同じ人だけど違う声というのが大好きなので、律バージョンは嬉しかったです。

ミクのものに比べて、明るさが増した歌い方だと思いました。

千本桜はカラオケで歌ったり、太鼓の達人で叩いたりと馴染み深い曲なのでこれからも色々なバージョンを聞き続けたいと思います。